PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトは損切できないと稼げませんよ!その【理由】と【対策】について

更新日:

 

お疲れ様です。 もっさんです。

 

今回はPPCアフィリエイトで必要になる

「損切の重要性」について解説していきます。

 

というのも、私のが推奨している教材

5Step Speed Affiliateの購入者様と

やり取りをしていて損切が上手くできていない様子で

6000円の赤字になっているとの相談を受けました。

 

以下相談された内容(※一部)

 

なので、損切ができないと稼げない理由と対策について

ここで記事にしてまとめてみました。

 

それは早速見ていきましょう。

 

 

損切とは「株」や「FX」で使われている用語

 

私は以前バイナリーオプションをやっていたので

損切りがどういうった言葉なのかは理解していました。

 

ただ、私もFXをやってなかったら損切と聞いても

ピンときていなかったかもしれませんね。

 

それで、株やFXは買った価格から金額が上がれば

その差額で儲ける。

 

反対に買った価格から金額が下がれば

その差額で損をする。

※上記はあくまでも例です。FXは下がる方に賭けることもできます。

 

株やFXが影響を受けているのは「株価や為替」です。

 

 

上記の画像で赤と緑が上下に動いていますね。

 

そこで、もし上がると思い買った株が

急に下がりはじめたらどうなると思いますか?

 

上がると思って買ったのに翌日も1万円下がり

その次の日も1万円下がりました。

 

そうやってドンドン下がっていくと

人間の心理は「そろそろ上がるだろう」

考えます。

 

それで1週間。毎日1万円下がり続けた場合

合計で7万円、あなたが買った価格から下がったので

7万円負けたことなります。

 

その時に三日下がったらもう株は売ろうと

決めていれば損失は3万円で済んだことになります。

 

これを損切りといいます。

 

損を切ると書くとイメージできるのでは

ないでしょうか?

 

それで、やけになって俺は株価がまた上がるまで待つ

と言っていつまでも株を売らないで

株価が下がり続けることを

株が「塩漬け」したなどといいます。

 

今売ると損しちゃうから

売りたくても手放すのが惜しくなって売れなくなる

心理のことです。

 

ここまでは株やFXの損切りの話でした。

 

次にそれがPPCアフィリエイトと

どう関係があるのか?

 

PPCアフィリエイトでの損切とは?

 

先ほどの株を例にしてみると

株を買った→商品を出稿した

価格が上がらない→商品が売れない

となります。

 

つまり、商品を出稿してクリック数もあるけど

商品が売れない状況は株価が下がり続けて損を

している状況に似ていますよね。

 

なぜなら、PPCアフィリエイトは広告がクリックされたら

費用がかかります。

 

しかし、クリックされるからあと何回かクリックされたら

売れるんじゃね?

 

と考えてしまい。結果いつまで経っても売れなくて

クリック数だけ増えて費用も増えるという

塩漬け状態になってしまうのです。

 

その状態になっていたのが

↓これですね!

 

私はサポート生にその案件はもう捨てた方がいいとアドバイスをしました。

 

そうしないとドンドン赤字が増えて、結果的にPPCアフィリエイトは

稼げないじゃんって思ってしまうでは?と考えたからです。

 

もちろん、その方のデータなどをベースに私が

その案件はそのまま攻めても厳しいと判断したから

出稿をやめた方がいいといいました。

 

なので、しっかりと損切りしないと赤字が増えていくだけですので

どこで損切りをするのかといった基準をあなたの中で明確に

決めないといけません。

 

PPCアフィリエイトでの損切り基準をもつことが対策になる

 

まず、絶対にやってはいけないことは

こんなにクリック数もあるし、そろそろ売れるだろう

思うことです。

 

そのままクリック数だけが増えれば大赤字になります。

 

だったら商品は無限にあるので、早く損切りして

次の売れる商品を見つける方が得策でしょう。

 

だから、しっかりと自分の中で損切りの基準をもつことが

必要になってくるのです。

 

赤字を増やさないためにも。

 

例えば

・商品単価÷19をした金額でクリック単価を入札する。

それを超えたら、その案件は停止する。

 

2000円の商品があったら÷19をして大体1クリック100円で

クリック単価を入れたら19クリック以内で売れれば儲けになりますし

19クリックされて売れなければその案件は出稿を停止すると自分の中で

しっかりと決めてあげましょう。

 

季節的な部分もあって売れないだけかもしれないので

その商品の特徴を理解して出稿を停止するか継続するか

線引きが必要な場合もあります。

 

例えばダイエット系の商品は夏で露出が増える時期の方が

売れる傾向にあります。

 

だから、冬にその案件を出していたら夏にもう一回

出稿してみるとかですね。

 

・ある一定のクリック数になったら辞める

 

例えば、30クリックされたら絶対出稿を止めるとかした方がいいです。

 

その基準に正解はないので、あなたの予算などと相談して

決めるのがベストだと思います。

 

大事なのは売れるかもでダラダラ出稿し続けないこと。

 

まとめ

 

私なりのクリック数の目安ですが

・物販なら50クリックされて売れない案件は

もう売れないと判断して撤退です。

 

・情報商材なら100クリックされて売れなければ

撤退します。

 

情報商材の場合はもう永遠に扱わないですね。

 

売れた時の単価は高いですが、季節的な要素は受けにくいのと

どうしても情報商材は物販に比べると手を出しづらいと

考えている人が大勢いますからね。

 

情報商材の中には詐欺みたいな物もあるので

売れないと判断していいです。

 

ここまでは私の損切りの定義でしたが

正直、人によって損切のやり方は様々あると

思います。

 

PPCアフィリエイトは機械的で単純作業だけど

奥が深いです。

 

人によって定義は違くても、一つ言えるのは

売れるだろうという感覚でPPCアフィリエイトを

やってはいけないということです。

 

また、何かわからないことがあれば

いつでも聞いてくださいね。

 

メルマガで優良級の情報を発信しているので

登録お願いします。

 

質問は下記のフォームから簡単に送れます。

 




 

それではまた! もっさんでした。

 

関連記事

PPCアフィリエイトは何サイト必要?ドメインは一個でいいの?に対する明確な答え!

【超重要な思考】アフィリエイト初心者がPPCアフィリエイトから始めるべき本当の理由

PPCアフィリエイト商品の選び方と見つけ方徹底解説【永久保存版】

 

今回サポートしている方が購入した教材

5Step Speed Affiliateの特典付きレビューと評価、評判、感想 上田博人 株式会社バンザイ

-PPCアフィリエイト

Copyright© もっさんのブログ , 2018 All Rights Reserved.