マインド術

【過酷】年金だけでは生きてけない、こんな時代でも生き抜く方法は○○力を付けるだけ!

更新日:

 

お疲れ様です。 もっさんです。

 

多くの方が

「そもそも自分の老後は年金を受給できるのか?」

「仮に受給できたとしても少ないのではないだろうか?」

と、不安に思っているのではないでしょうか?

 

事実

 

このように年金に関して心配している方がいます。

 

その理由として

少子高齢化で年金問題が深刻化しているからです。

 

税金を納める人数と年金をもらう人のバランスが

崩れていることが原因です。

 

以下のグラフを見れば下のオレンジの層(0~15歳)が

ドンドン減っていることがわかります。

 

オレンジの層(0~15歳)

緑の層(15歳~65歳)

赤の層(65~100歳)

 

それから、基本年金の支給開始年齢の引き上げが行われました。

60歳台前半の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給開始年齢が、平成25年度から平成37年度にかけて

現行の60歳から65歳へと段階的に引き上げられることになりました。

これに伴い、基金の基本年金についても国に準じて支給開始年齢を引き上げる。

出典元:電子厚年基金の給付のしくみ

 

簡単にいうと、以前は60歳から年金が受け取れたものが

今は65歳から受給可能になったのです。

 

つまり、私たちは年金を貰える65歳まで働く必要になった。

それまで元気に働けていればいいが、病気などで倒れた場合

お金を借りなくては生きていけない状態になる可能性もある。

 

そうなれば近年話題になっている老後破綻をしてしまう人も

いるかもしれない。

 

それに、少子高齢化で年金の受給額が減給

もしくは年金制度がなくなってしまう可能性も

ある。

 

 

今の状況を考え、常に未来を予知し

それに備えたアクションを早い時から

やっておく必要がある。

 

だから

 

これなら、年金なんて貰えないものだと割り切って

今から年金に頼らずに生きていく術を学ぶことが

これからの時代を生きる私たちにとって賢い選択だ。

 

そこで、今回あなたにお伝えしたいことは国に頼らなくても

生きていける力、自立力をどのようにして身に着けるのか。

 

 

自立力とは?国や年金に頼ろうとするな!

 

自立力とは、自分の足で立ち、自分の頭で考える力のことです。

 

自分で生活の基盤を持ち、自分の行動に対して自分で責任を

とることができる力を自立力と言います。

 

なぜ、自立力が必要なのか?

 

それは、上記のグラフや説明でもわかる通り

年金問題が深刻化し、貰えるはずのものが

貰えなくなる可能性があるからです。

 

お金が全てではないですが、生きる上でお金が必要なことは

理解できると思います。

 

その年金が貰えなくなるかもしれない!

 

そのような会話を電車やカフェで話しているのを

耳にします。

 

しかし

 

あなたはグラフを読み取って未来予知ができているのに

それに対して、何か対策をおこなおうとはしない。

 

確かに、「会社に勤めて年金が貰える歳まで働くから私には関係ない」

と考えている方も危険だと思います。

 

なぜなら、いつ、どこで、病気や事故にあって今の仕事を

継続できなくなるかはわからないからです。

 

誰も病気になりたいと、事故に合いたいと思っているはずがありません。

 

それは、突然起きることです。

 

おそらく、その気持ちは事故にあってお先が真っ暗になった瞬間にしか

気づけないことだと思います。

 

だから、私やあなたを含め病気や事故にあったことを想定して

動くのです。

 

想像力は人間だけに備わっている能力です。

この素晴らしい能力を使いましょう。

 

また、読んでいる方の中に

「私は貯金をするから大丈夫!」

と考えている方もいると思います。

 

いきなりですが、老後の生活にいくらくらいの貯蓄が必要か知っていますか?

 

答えは1億円です。

 

60~69歳の生活費は夫婦二人で年間約330万円(10年で3300万円)。

70~74歳は年間約300万円(5年で1500万円)。

そして、75歳以降は平均272万円かかるので、100歳まで26年間生きた場合

7072万円(総計で1億1872万円)になります。

参考元:総務省の家計調査報告

 

これは、あくまでも100歳まで生きた場合の計算ですが

日常の生活費の他に医療、介護費や旅行といったお金は

計算に含まれていません。

 

なので、100歳以下だとしても生活費などを含めると

概ね1億円は必要になると推測できます。

 

そんな大金貯めておくのは無理だから年金制度があるんですよね。

 

非常に心強いですが、その年金制度が危ない今だからこそ会社の収入

以外で、お金を稼ぐことができる力を付けておく必要があるのです。

 

そこで、必要な力が自立力になるのです。

 

ここまで年金のことを偉そうに書いてきましたが

私はまだ年金を貰える歳ではないので、あくまで

グラフから読み取った未来を予想して行動しています。

 

私も年金をしっかり納めている身として、年金を貰いたいとは

思っています。

 

けど、いざその歳になって年金制度が無くなった大幅に減給します!!

 

なんて、ことになったら苦労することは目に見えています。

 

老後もアルバイトをする生活は嫌ですよね?

 

そして実際に年金問題で自殺する方も

 

年金に頼った結果、年金が足りなくて自殺する高齢者も

 

年金に頼ってしまった男性が年金に不満を持ち

新幹線内で焼身自殺するという衝撃的な事件も

過去に起きている。

 

6月30日午前11時半頃、男は神奈川県小田原市付近を走行中の東海道新幹線「のぞみ225号」の先頭車両でガソリンをかぶり、焼身自殺を遂げた。一種の“自殺テロ”といえる行為

犯行前には周囲に、繰り返し年金の受給額の少なさと保険料や税金の高さへの憤りをぶつけていた

容疑者は35年間も真面目に年金を納めたにもかかわらず、生活保護水準以下の12万円の支給しか受けられない「下流老人」
杉並区の生活保護基準は14万4430円だった

■林崎容疑者の姉(75)
「6月中旬に電話がありました。年金は月18万円ぐらいもらえると思っていたら、12万円だった。年金のことでうつになっていたと思う。『国会の前で自殺でもしようか』とも言っていました。最後に話をしたのは事件の1週間前。『アルバイトがまだ見つからなくて』と。お金を貸してほしいと言ってくれれば、貸してあげたのに……」

■生活困窮支援のNPO法人「ほっとプラス」代表理事
「彼は典型的な下流老人です。現役時代の収入が多くなく、貯蓄も底をついた。生活の助けを求めることのできる家族や友人関係もない。こういった人たちが、いざ年金だけで生活する年齢になると、突然貧困層に落ちる。これはまれなケースではなく、私の試算では、高齢者の9割が下流老人になる可能性があります」

 

35年も支払ったのに12万しか貰えなかったこと

 

この方は前から年金に対する不満があった。

12万の生活費の中から家賃、健康保険や食費

等の支払いで、生活できるような状況ではなかった

ことは理解できます。

 

この事件があったのは2015年です。

 

これからもっと少子高齢化が進み、支給開始年齢の引き上げや

年金支給額の減給になる可能性だって高まります。

 

日本の人口グラフ

 

このように老人が増え、若い世代が減れば納税者が少なくなります。

 

納税者が減れば国の税金の予算も減る

しかし、年金受給者は増える。

 

 

これは嘘偽りのない、確実に起こる未来です!

 

だから

 

本気で将来を見据えて行動しないとヤバイってことです。

 

これでも、あなたはまだ年金は絶対貰えると言い切れますか?

 

自立する上で一番大切なのはやっぱり【お金】である。お金の作り方!

 

自立することを自分で生活の基盤を持ち、自分の行動に対して自分で責任を

とることができる力を自立力といいました。

 

その基盤を作るのがお金。

 

だったら今からお金を稼げる仕組みを作っておくことで

将来、年金に頼らなくても自分が作った仕組みからお金が

入ってくるようにすればいいんじゃないかな。

 

それを可能にするのがアフィリエイトです。

 

副業の中でも一番肉体的負担がないのが

アフィリエイトになります。

 

転売などもありますが、自動化するのが

難しく在庫を抱えるリスクがあります。

 

老後は車を使わないと考えると家のパソコンで

キーボードを打つだけのアフィリエイトの方が

肉体的にも楽だと思います。

 

それと人を雇わなくてもアフィリエイトなら

自動化も簡単にすることができます。

 

現在進行形でもっさんも取り組んでいるアフィリエイトです。

アフィリエイトの仕組みを徹底解説

 

今現在あなたが見てくれているこのブログでも

アクセスがあれば稼いでいくことが

可能になります。

 

私が書いている記事はインターネット上の資産となって

一生残り続けます。

 

簡単にいうと、あなたが釣りに興味がある人だとします。

 

それなら、釣りに関しての記事を書いて

それをインターネット上にUPしてその記事を

読んでくれた人があなたのページから物を買ってくれれば

あなたに紹介料が入ります。

 

厳密にいえば、物が売れなくても多くの方があなたの

サイトに訪れるようになれば、あなたのページに広告を貼ることで

広告料を貰うことができます。

 

こんな感じの広告です。

 

これをクリックして商品が売れると広告を載せている人に

お金が入ります。

 

なので

 

あなたが、作ったサイトに多くの読み手が集まれば

広告がクリックされる可能性も商品が売れる可能性も

高まります。

 

ですから、極端な話、あなたがやるべき事としては

「記事を書く」という事だけになります。

 

 

「私は売れるような商品をもっていないよ!」

 

と思った方も問題ありません。

 

なぜなら、アフィリエイトであれば他人の商品を自分のサイトで売る事で、

お金をもらう事が可能になるからです。

初心者でも絶対分かるASPの仕組みと特徴まとめ8選!

 

先ほど釣りを例に出しましたが、商品ジャンルは無限にあります。

 

キャンプ、サバゲー、ポイント系、車の見積もりなどなど

 

それで

 

あなたが書いた記事は資産のように積み重なっていきます。

 

自分で消すか、イレギュラーなことが起きない限り

あなたが書いた記事はきえることはありません。

 

だから、記事を書いて書いて、資産積み重ねることで

お金が入ってくる仕組みが構築できます。

 

 

ここで大事なのは

 

正しい方向に、正しく努力すれば必ず結果は出ます。

 

それがアフィリエイトの世界です。

 

現に僕は今何もしなくてもお金が入ってくる

仕組みが実現できています。

 

私も最初がありました。

 

独立するまでに1年8か月かかっています。

 

けど、最終的には結果を残せています。

 

何より継続をすることが大事だと痛感しています。

 

ですから

 

今からでも資産(記事)を築くのは遅くないと思いますよ!

 

誰にも(国・年金etc)頼らないで生活の基盤を作る。

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?

 

アフィリエイトに関して興味を持ってくれた方は

私の他の記事なんかも参考にしてみてください。

 

アフィリエイトとは胸を張って言えるビジネスモデルだ!

アフィリエイトの仕組みを徹底解説

ネットビジネスで稼ぐ人と稼げない人の違いは〇〇の差だった

 

正直、一口にアフィリエイトといっても多くの手法ややり方があるので

ここだけでまとめることは難しいですが、記事=資産

それを積み重ねることで、大きなお金を生むことは理解できたと思います。

 

この先、年金だけで生活できたとしても

お金に余裕が無く、お金に追われる人生は嫌ですよね?

 

老後は旅行や孫にお金を使いたいと考えているなら

やってみることを強くオススメします。

 

リスク0で開始できるのもアフィリエイトの魅力の一つです。

 

何か聞きたいことがあったら遠慮なく聞いてください。

 

それではまた! もっさんでした。

 




-マインド術

Copyright© もっさんのブログ , 2018 All Rights Reserved.