PPCアフィリエイト

ppcアフィリエイトで審査に通るペラサイト作成方法

更新日:

 

お疲れ様です。 もっさんです。

 

今回はタイトル通り審査に通る

ペラサイトの事例からペラサイトとは

一体なんなのかまで解説していきたいと思います。

 

多くの初心者が

 

「どんなペラサイトなら審査に通るのか?」

「どんなペラサイトだと審査に通らないのか?」

 

疑問に思っていると思います。

 

審査がある以上、合格するサイトと

合格しないサイトには理由があります。

 

それらも含めて解説していきますね。

 

 

ペラサイトとは何か?

 

ペラサイトとは明確な定義はありませんが

「1ページで構成されているページ」

ことをペラサイトといいます。

 

つまり、サイト自体にあまりコンテンツが

多く含まれていないサイトのことです。

 

ここで注意なのがペラサイトだからといって

コンテンツのヴォリュームがないというわけではなくて

サイトの記事数やコンテンツ数の厚みがないサイトのことを

ペラサイトといいます。

 

ペラサイトの特徴としてサイドバーやヘッダーが

ない1枚のページのような見た目をしています。

 

サイドバーやヘッダーがあるページは下記の画像です。

 

※もっさんのトップページの写真になります。

 

逆にサイドバーヘッダーがないサイトは下記の画像です。

 

 

このようにヘッダーやサイドバーが一切ない

サイトをペラサイトといいます。

 

他にも長い1ページのセールスレーターなんかも

LP(ランディングページ)と言われていて

ペラサイトの仲間だと解釈してもらえれば

大丈夫です。

 

ペラサイトが大体どういったページのことを

指すのかイメージはできましたか?

 

では次にPPCアフィリエイトを行う上で

なんでペラサイトでページを作るのか

について解説しますね。

 

 

何故ペラサイトで作成するのか?

 

私も最初は

 

「なんでペラサイトでページを作成するのか」

「一般的なサイトではだめなのか」

 

疑問でした。

 

そもそもPPCアフィリエイトは

「売れる商品を売る」

というのが大事になります。

 

経験上、売れる商品は売れて行き

売れない商品は検索すらされません。

 

ぶっちゃっけどの商品が売れるのかは

実際に出稿してみないとわからないのです。

 

なので、効率的に売れる商品を見つける

手段としてペラサイトは適しています。

 

ペラサイトだと慣れれば

1つ作るのに10分もあれば

作成できるので効率がいいです。

 

ちなみに先ほどお見せしたペラサイトは

2分半で作成しています。

 

つまり、売れるか売れないか分からない商品に

多くの時間をかけてサイトを作るよりも

ペラサイトで効率的に早く売れる商品を

見つけだすことの方が重要だからペラサイトで作るのです。

 

それともう一つ大きな理由があります。

 

それはペラサイトがちょうどいい

情報量を検索ユーザに与えてあげられること。

 

どういうことかと言うとPPCアフィリエイトで

利益をあげるには自分の作ったペラサイトを経由して

企業側が用意しているサイトから商品が売れれば

あなたに報酬が入りますよね。

 

目的は、購買意欲のあるお客さんを企業側の

用意しているページに送客することです。

 

なので、購買意欲のあるお客さんにペラサイトではなく

一般的なサイトを作り多くの情報を与えすぎると企業側の用意した

ページを見なくても「十分情報を手に入れた」と

考えてしまい満足したユーザーは離脱します。

 

そこで、ペラサイトのような簡単なサイトを作成し

ほんの少しだけ商品の魅力を伝え、あとは

企業側が用意しているページをしっかり読ませる

ことが大事になってきます。

 

なぜなら、企業側のページ経由じゃないと

あなたに報酬が入らないから。

 

加えて、あなたが発信する情報よりも

企業が多くのお金を使って作った

サイトの方がデザインも情報量も

勝っています。

 

だから、ペラサイトで簡単に商品を説明して

興味をもってもらい企業側のページに送客し

あとは任せたよと思ってるくらいでいいのです。

 

もちろん、最初はペラサイトで大量出稿して

売れる商品を見つけることが大事ですが

売れる商品が分かったらコピーライティング

何かも駆使して利益を伸ばすことも重要です。

 

コピーライティングに関してはこちらを参考にしてください。

コピーライティング初心者がこれだけはおさえておきたい基礎知識

【断言】アフィリエイトにはコピーライティングが必要不可欠

 

では次に審査に通らないペラサイトとは

一体どういうペラサイトのことを指すのか

みていきましょう。

 

【事例付き】審査に通らないペラサイト

 

まず審査に通らないサイトですが

下記の画像のようなペラサイトです。

 

※ダメなペラサイト例

 

上記の画像のようなペラサイトは審査に通りません。

 

ここで一つ知っておいて欲しいことは

上記のようなペラサイトでも以前は審査に

通っていたということ。

 

なので、その当時はペラサイトを作って作りまくれば

稼げた黄金時代でもあります。

 

その当時、稼げた人が「今も稼げてますよ」的な感じで

大々的に自分の実績なんかを載せてコンサル募集したり

しているので注意が必要です。

 

 

それで、上記のサイトが審査に通らない理由は

検索ユーザーにとって何にもメリットがないから。

 

どういうことかと言うとあなたが何か商品を購入しようと

思って商品を検索したとします。

 

それで上記のようなサイトが表示されても

画像と公式サイトはこちらとしか記載

されていません。

 

検索者からすればだったら

「始めから公式サイトに飛ばしてよ」

と考えますよね。

 

なんで、検索する人はわざわざ2回もクリックしないと

目的のページに飛べないのか。

 

それって検索者にとってはたった2回のクリックかも知れませんが

1回目のクリックで上記のような画像を見せられても検索者には

何もメリットがありませんよね。

 

もちろん、PPCアフィリエイトをやっている人からすれば

「どうせ購入するなら俺の広告経由で商品を買ってよ」

と思っているかと思います。

 

しかし、YahooやGoogleといった検索エンジンも

ビジネスとして成り立っていることなので

普段から利用してくれている方が不便に

感じないように努めなくては経営が成り立ちません。

 

だから、検索ユーザーにとって何も意味しない

無駄なページは可能な限り排除したいので

審査に通らないのです。

 

【事例付き】審査に通るペラサイト

 

逆に審査に通るペラサイトとはどういった

ページなのか気になりますよね。

 

それが下記の画像のようなペラサイトです。

※審査に通るペラサイト

 

このペラサイトはしっかりと商品に対する

情報を提供できていますよね。

 

なので、検索者にとって無駄なページとは

言えません。

 

これが審査に通るペラサイトと通らないペラサイトの

大きな違いです。

 

・情報(コンテンツ)がしっかりと記載されている。

 

コンテンツでユーザーにしっかりと商品の魅力や

概要を書くことで機械的な審査はパスできます。

 

そうなることで、早くて5分ほどで

ヤフーページに反映されます。

 

次は1週間以内に目視審査が行われ最終的な

判断が決まります。

 

少し審査が厳しいと感じるかもしれませんが

先ほど見せたような写真でも目視審査を

パスできているのでそんなに心配する

必要はありません。

 

重要なのは

「検索者の目的を解決するページ」

なっているかだと思います。

 

もちろん、薬事法やYahoo規約に反した

内容の広告文・サイトを出稿すると

機械的な審査はパスできても数日後に

広告が停止していることもあります。

 

ちなみに、私が実験した結果大体300字程度

あれば審査に通ります。

 

なので、ペラページを作成する際は300字以上の

コンテンツを含めることを意識しましょう。

 

また、「こんなペラページで稼げるのかよ」

思った方は妻がPPCアフィリエイトに挑戦したので

その結果を見てください。

2017年超後発組でPPCアフィリエイトを始めた妻(初心者)が稼ぐまでの方法【大公開】

 

PPCアフィリエイトに関してはこちらを参考にしてください。

5Step Speed Affiliateの特典付きレビューと評価、評判、感想 上田博人 株式会社バンザイ

Pandora2(パンドラ2)の効果的な使い方を暴露しちゃいます【特典付きレビュー】

 

また、何か質問や感想があればドシドシ

送ってください。

 

下記のフォームから簡単に送れます↓↓




 

 

それではまた! もっさんでした。

-PPCアフィリエイト

Copyright© もっさんのブログ , 2018 All Rights Reserved.